半田市・東海市・知多半島エリアの外壁塗装・屋根塗装専門店|塗装屋ひらまつ

まずはお気軽にお問合せください!

0800-200-2875営業時間10:00~17:00(水曜定休)

  • ショールーム来店予約 クオカードプレゼント
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから
MENU

スタッフブログ - 塗装の豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 塗装の豆知識

塗装の豆知識の記事一覧

水性塗料の特徴|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   今回は水性塗料の特徴について説明します。   一昔前の塗装業界では油性塗料が一般的でした。 ですが現在は環境問題等の影響もあり、多くのメーカーが水性塗料に力を入れています。 塗料は希釈剤を混ぜることによって液体となります。 水性塗料は水を希釈剤として混ぜた塗料です。     水性塗料のメリット・デメリット においが少ない 水性塗料は油性塗料のようなシンナーのにおいがありません。 水で希釈するためにおいを気にすることなく塗装ができます。 現在住宅の塗装に使われる油性塗料は弱溶剤といい、においが比較的抑えられる塗料を使用しますが、 人によっては工事中のにおいがストレスになる場合もあります。 アパートの塗装や公共事業、内装塗装ではにおいを抑えるため水性塗料を使用します。   塗料の種類が多い 冒頭にも書いたように現在各メーカーが水性塗料の開発に力を入れています。 以前は圧倒的に油性塗料の割合が多かったですが、現在多く使われるシリコン塗料などでは水性のほうが多く取り扱いがあります。 フッ素塗料などはまだ水性塗料の取り扱いは少ないですが、新しく開発される塗料は多くが水性です。   気候の影響を受けやすい 水性塗料は油性塗料と比べて塗料の乾きに時間がかかります。 油性塗料の多くは有機溶剤の反応によって硬化するため、気温や湿度の影響を受けにくいという特徴があります。 逆に水性塗料の乾燥は気温や湿度に影響を受けやすいため、乾燥しにくい冬場の施工は十分な注意が必要です。   塗装できない箇所がある 水性塗料は油性塗料と比べると密着性が劣ります。 雨戸などの鉄部や、雨樋などの塩化ビニルは塗料の密着性の関係から油性塗料でしか塗装ができません。 密着が悪いと塗膜がはがれたり膨れたりする可能性があります。 鉄部や塩ビに限らず、より確実に密着させたい状況では油性塗料を選択します。 サイディングやモルタル、ALCなどの外壁には全く問題なく施工できますが、トタンやガルバリウム外壁には塗装できません。           水性塗料のメリット・デメリットを紹介しました。 水性、油性塗料それぞれにメリットとデメリットがあり、 水性塗料では塗装できない箇所があるため、油性塗料がなくなることはないですが、 今後はより水性塗料が増えていくのではないかと思います。   塗装屋ひらまつ 福手   外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非半田ショールームへ足を運んでみてください! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店愛知県半田市・東海市・武豊町・常滑市・知多市・大府市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町の外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております!お気軽にご相談ください! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店塗装屋ひらまつ  〇半田ショールーム 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 〇東海ショールーム 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.09.17(Fri)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

知多市 外壁塗装

外壁塗装のクリア塗装について|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。 今回はサイディングボードに塗装するクリア塗装について サイディングボードの歴史 サイディングボードは1974年頃に、当時はモルタル壁が主流で現場にて左官で仕上げてましたが、大工さんが仕上げる外壁材としてサイディングボードが登場しました。1990年頃になると単調なサイディングボードから、タイル調などの模様や柄の付いたサイディングが発売され始めました。 1995年の阪神淡路大震災後に地震や家事に強い高耐久住宅が普及し、サイディングがさらに普及し始め、この頃からタイル調やレンガ調のサイディングが登場しました。 サイディングボードの塗装について当時通常は塗料で色を付ける事が多いですが、レンガ調やタイル調のサイディングの普及に合わせて、各塗料メーカーが2009年頃からサイディングクリアー塗料を発売し始めました。 外壁塗装でのクリア塗料は 日本ペイント (株)商品名 UVプロテクトクリアーシリーズ エスケー化研 (株) 商品名 クリーンSDトップシリーズ       他のメーカーにもサイディングクリア塗料はありますが、サイディングクリア塗料は日本ペイント(株)とエスケー化研(株)の材料が多く使用されています。    クリア塗料のメリット・デメリット   メリット ① 理由 通常塗料は1色になるのでレンガ調やタイル調のような複数の色を使用したサイディングでもクリア塗装は模様や柄が保つことが可能   メリット ② 理由 クリア塗装はサイディングの劣化が著しい場合は施工が不可ですので、クリア塗装は定期的に早いメンテナンスとなる為、サイディングの保護となり、サイディング自体の維持を長くする事が可能になる。   メリット ③ 理由 通常塗装の場合は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗装になりますが、クリア塗装の塗り回数は2回塗装となる為、少しお安く外壁塗装ができる。     デメリット ①  理由 サイディングの割れ、汚れ、チョーキングが著しい場合はクリア塗装した場合に割れ、汚れが消えない。チョーキングが著しい場合はクリア塗装しても、サイディングの色の褪せや、色のムラが発生する。    デメリット ② 理由 サイディングよりクリア塗装が出来ない事がある。 例えば無機コーティング、フッ素コーティング、光触媒コーティングなどのサイディングにコーティングがされてる場合はクリア塗料との密着が良くない為、クリア塗装は施工できません。   デメリット ③ 理由 コーキングの上にクリア塗装をする事で不具合が発生する事があるので、コーキングの上にクリア塗装はできない。コーキングは、黒ずみを防止するために「ノンブリード型」で、このノンブリード型の上に塗装をすると、コーキングと塗料との密着が悪く、クリアー膜が割れたり剥がれたりといった現象が発生するからです。ノンブリード型ではないシーリングに塗装した場合は、ブリードして経年で黒ずみが発生します。※ブリードとは、シーリングに含まれる可塑剤が表面に塗った塗膜を柔らかくし、反硬化状態にしてしまい、ベタベタした状態になる為、埃などが付着し続け黒ずんでくる事を言います。 しかしクリア塗装の場合はコーキングを塗装後に施工する事で問題ありません。 まとめ 外壁塗装は維持する為で、劣化が著しければ塗装以外の選択が必要になるので、クリア塗装などでメンテナンスしていただくと、サイディング自体を長く維持する事が可能になります。自宅の状態がよく分からい方は是非塗装屋ひらまつにお問い合わせください。無料の自宅診断やドローンなどを使用して普段は確認できない箇所を確認する事ができます。是非お問い合わせお待ちしています。   塗装屋ひらまつ 鈴木 -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.09.04(Sat)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

武豊町 塗り替え

塗装作業へのこだわり|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   お家の塗り替えをしていくなかで、塗装専門店として、 塗装屋ひらまつのこだわりポイントをご紹介していきます。   今後、皆様が塗装工事で失敗しないためにも、 これからお伝えするポイントを、施工業者を選ぶ際の、 判断基準の参考にしてみてはいかがでしょうか。   養生の徹底 養生とは、塗装作業の際にペンキが飛んで、 アルミサッシや玄関タイルなどお家周りが汚れないために、 ビニールや敷物をして、飛散防止する作業です。   一見、当たり前のことと思われるかもしれませんが、 なかには、養生を行わずに作業を進めてしまう塗装業者さんも少なくありません。   塗装をすることで、お家がキレイになっても、 お家周りがペンキで汚れてしまっては元も子もありません。 塗装屋ひらまつでは全ての現場で、養生作業を徹底しております。   こだわりポイント エアコンの室外機やエコキュートなどの、 お家周りに設置されている機器にも養生を忘れません。 室外機は専用のカバーを、施工中は取り付けます。 専用カバーになるので、塗装工事中も通常通りエアコンはご使用いただけます。     クーラーホースカバーの脱着 クーラーホースカバーは外壁に直接取り付けがしてあるため、 カバーを外さずにそのまま塗装を行うと、カバーの裏部分が 塗られないままになってしまいます。   カバーのついた裏側の外壁(青線部分)まで、しっかりと塗装をするために、 塗装屋ひらまつでは、カバーの脱着をして裏の外壁までしっかりと塗装をします。 カバーの裏を塗っておくことで、仮に数年後エアコンを撤去した際に、 クーラーホースを取り除いた跡が残りません。   こだわりポイント 外したカバーの裏側まで塗装をします。 取り外して塗装することで、カバーがペンキでくっついてしまい 今後の取り外しが出来なくなることを防ぎます。     保護テープの巻き直し クーラーのホースに巻かれている保護テープは年数が経つと、 破れてしまったり、汚れてしまいます。   塗装屋ひらまつでは、クーラーホースの保護テープの巻き直しも 作業の一環として、行っております。   外壁がキレイになると、汚れている部分は余計に目立ってしまいます。 小さなことではありますが、こうした部分のひと手間が、 塗装後の仕上がりを大きく変えるポイントです。     まとめ いかがでしたでしょうか。 作業としては些細なことのように思われるかもしれませんが、 常に気遣いを忘れず作業に取り組んでおります。   塗装屋ひらまつでは、工事後に「頼んでよかった」と思っていただける、 施工や対応を日々心掛けております。 お客様に喜んでいただくためにも、できることは最大限対応いたします。   塗装専門店として、地域の皆様のお役に立てるように、 必要としていただけるように、これからも心を込めて作業して参ります。 塗装のことなら、塗装屋ひらまつにお任せください!           塗装屋ひらまつ 早川     -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください!   半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店!   愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!!   ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!!   外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店   塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F   〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809   【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.08.27(Fri)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

知多市 外壁塗装 豆知識

初めての外壁塗装 第三弾|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   毎日雨の日が続きますが、体調を崩してはいませんか? 外出も思うように出来ないこの時期、家族でお家の事を考えてみてはいかがでしょうか? ご近所さんで足場が組まれたりすると、そろそろ我が家も塗り替えの時期かしら?と 我が家に意識が向く機会もあると思います。   そこでいざ塗装工事をしようと思ってみても、 どこにお願いをすればいいの?どんなところがいいの?と わからないことだらけだと思います。 そこで事務員の私が素人ながらにお伝えをしていきます!   数ある塗装屋さん!どの業者さんを選べばいいの? スーパーに並んでいる商品でしたら、メーカーが同じでも スーパーによって価格が違う事ありますよね。 これはお得‼と、わかります。   しかし、大切な我が家を値段だけで決める事は出来ないですよね。 足場組、塗料材、職人さんなど価格のわからないものばかり。 そこで、お客様の立場になって考えてみました。   ①今のお家の現状をしっかり診断してくれる。 瓦は割れていないか?外壁は剥がれていないか?など ドローンでの診断により現状を正確に判断します。     屋根に近づいて撮影をすれば、細かい部分まで確認することも可能です。       ②診断をもとにプランを提供をしてくれる。 見積り内容を見て養生シート?破風?鼻隠し?など聞きなれない言葉が並んでいるかと思います。 何となくわかるかもしれませんが、素人の細かい疑問について詳しい説明が欲しいですよね。   これは養生です。 住宅は1件として、同じお家はありません。 足場組みにしても、お隣さんとの距離などにより金額が違ってくることも。 劣化状況や使用材料によっても、価格がかなり変わることも。 あらかじめ予算を伝えておき、相談してみてはいかがでしょうか。     ③営業さんや職人さんの対応 人柄も気になります。 近隣様への対応も気になりますね! 営業(もしくは私が)挨拶文と粗品を持って工事の内容などを説明に伺います。 おかげさまで、塗装屋ひらまつで施工をして頂いたお客様からは 挨拶がしっかりできる、元気がいいなど、有難い声を頂戴しています。   大きな買い物である塗装工事や防水工事の際に、  失敗しないためにも一度、塗装屋ひらまつまで連絡お待ちしています。 塗装専門店ならではのアドバイスがきっとできると思います!      塗装屋ひらまつ 林     -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081      

2021.08.20(Fri)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

塗り替えと、メンテナンス|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   外壁塗装と塗装以外のメンテナンスはやられてますか? 外壁塗装を、行うときに足場を組みますね。 その足場を利用して、外部のメンテンスも必要な所です。 例えば、木部の破風板は傷んでないか? 軒の雀口の漆喰は大丈夫か? 網戸は破れてないか? 雨戸はスムーズに動くか? または網戸もスムーズに動くか? 塗装以外にもたくさん見る箇所はたくさんあります。 せつかく、外壁塗装足場組がありますので気になるところは直すのをお勧めいたします。   外部メンテナンス 木部破風板金 木部の塗装めくれは、木の地肌が見えると水分をたくさん拭き見ますので木が腐って しまいます。 その原因は木は伸び縮みがありそれに対応出来ず表面の塗装が捲れてきます。 対策としては、板金を巻くことで木が守られます。   施行前 塗装の捲れ状況   施工状況 かなり下地の木が痛んでいます。     施工状況 木部に板金を張り付けている状況です。     施工後 きれいな仕上がりになります。     軒の雀口漆喰 雀口の漆喰は鼻隠しと軒樋の間にあり、漆喰を言います。 この箇所の漆喰が落ちると瓦の下の粘土が落ちてしまい瓦のずれが起こります。 特に軒先ですので水の侵入にもなり軒裏が染みたりします。 最近は、漆喰でやり直す方法ではなくプラスチックの雀口カバーをお勧めします。 これは漆喰みたいに、捲れたりしないからです。   施行前 軒樋と鼻隠しの間の漆喰がたくさん落ちてます。     施工後 白いプラスチックを取り付けました。     これで漆喰が落ちることはないです。     その他にも雨戸の戸車、網戸の戸車交換、網戸の張替えなどもお勧めいたします。 2階の雨戸や、網戸は塗装足場を使って悪い箇所があればこの機会に直すのがベストです。 塗装足場を使って外壁塗装以外の箇所をメンテナンスすることは大切な事です。 お客様の家をきれいに、そして気になる所もメンテナンスを!       塗装屋ひらまつ 小坂         半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081        

2021.08.16(Mon)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

外壁はどの色がいい?|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   外壁塗装の色選びは、非常に難しいと思いますので、よくお客様から聞かれる質問に答えます。 外壁の色を選ぶ際にお客様からよく聞かれる質問は? ① どの色がお勧めですか? ② この色で大丈夫ですか? ③ 濃い方がいいですか? ④ 白は汚れが目立ちますか? ⑤ 現状の色と全く違う色でも問題ですか? ⑥ 艶なしで塗装したいのですが大丈夫ですか? 多くの方は色を選ぶ際に悩まれると思います。 ① どの色がいいですか? ②この色で大丈夫? 基本的にはお客様が好きな色を選んで頂きますが、この質問に対してお客様にお伝えするのは 塗装しない箇所の「アルミサッシ、屋根瓦の色とのバランス」をお伝えします。 アルミサッシがブロンズ系にはクリーム色、ベージュ系が合います。   ブロンズを日本塗料工業会の日塗工見本帳でアルミ色のブロンズに合わせると22-30Bくらいになりますので前後の色などはサッシと同系色ですのでバランスがよくなります。   前後の色とは 22-30Bより薄い色 22-40B~22-90B 22-30Bの同系色 22-90C~22ー70C 22-90D~22-70D 25-90C~25-70C 25-90D~25-40D アルミサッシがブラック系にはグレー系がよく合います。 グレー系とは 日塗工見本帳でグレー色はN80~N40 グレー系+レッド系 15-90A~19-65A 15-92B~15-40B グレー系+イエロー系 22ー90A~22-65A 25-90A~25-50A 25-92B~25-50B 施工後 アルミ色 ブラック 外壁色 25-50A 施工前 アルミサッシが白色系にはどの色でもよく合います。 施工後 アルミ色 ホワイト 外壁色 75-20L 施工前 ③ 濃い方がいいですか? ④ 白は汚れが目立ちますか?  薄い色のメリットとデメリット 汚れは目立ちますが色褪せは分かりにくいです。 濃い色のメリットとデメリット 汚れは目立ちにくいですが色褪せは分かりやすいです。 色の濃淡についてはどちらがいいとは言えませんが日塗工色見本帳以外にもメーカーのカタログの 標準色などを色選びで参考していただくといいです。 エスケー化研 (株) 標準色 関西ペイント (株) 標準色 ダイフレックス (株) 標準色    ⑤ 現状の色と全く違う色でも問題ないですか? ⑥ 艶なしで塗装したいのですが大丈夫ですか? 現状と全く違う色でも問題はありませんが、アルミは塗装いたしませんので外壁同様に雨戸、戸箱は アルミ色に合わせてください。 雨樋は水が通る場所ですので、塗料と水は相性が悪く、剥がれやすいので雨樋は同色をお勧めします。   艶はなしでも問題ありませんが、艶がない事で艶ありに比べて汚れは付きやすくなります。 メーカー注文時に3部艶、5部艶、艶消しを指定した場合、艶消し材を添加いたします。 艶消しを塗装する場合は艶ありから艶消しにする材料ではなく最初から艶消しの材料をお勧めします。 メーカー名 水谷ペイント (株) 商品名 ナノコンポジットシリーズ メーカー名 アイカ工業 (株) 商品名 ジョリパットフレッシュシリーズ メーカー名 スズカファイン (株) 商品名 ビーズコートシリーズ まとめ 外壁塗装で大切なことがたくさんありますが、外壁を塗装する際に色選びは楽しみで 完成後の綺麗になった自宅に期待します。 失敗しない色選びをする為にも、塗装屋ひらまつでは施工事例を参考していただき、メーカーにて色見 本を作成、カラーシミュレーションなどで色のご提案をいたしますので、是非ご相談ください。      塗装屋ひらまつ 鈴木 -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.08.10(Tue)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

屋根のリフォーム|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   今回は屋根のリフォームついて 簡単にお話したいと思います。 築10年くらい経ったタイミングでお家の劣化は様々出てくると思いますが、 そんな時に屋根のリフォームを考えられる方が多いのではないでしょうか。 屋根のリフォームには主に3種類の工法があります。 ①塗装 ②葺き替え ③カバー工法 実際どの工法を使えばいいのか 悩まれる方もおられるのではないでしょうか。 今回は カバー工法について 他の工法を交えながらお話できたら思います。 まずカバー工法とは 既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねて取り付ける工法となります。 屋根の下地→既存の屋根材→新しい屋根材と重ねて ミルフィーユ状になった方法です。 塗装屋ひらまつが推奨しています材料としてはガルバリウム鋼板です。 屋根材が軽量なため、耐震性にも安全です。 そもそもこのカバー工法のメリットとデメリットのお話をします。   メリット ・ミルフィーユ状に2重構造になるため耐久性が増す ・既存の屋根の解体をしないため解体費、処分費の費用がかからない ・アスベストを含む屋根の撤去費用は高額なためそれを抑える事ができる 葺き替え工法と比べ、 コストパフォーマンスの良さ、工期が短い事があげられます。 もちろん定期的に屋根の塗り替えメンテナンスをしてあげる事が 一番のコスト削減にはなりますが、 カラーベスト等のスレート瓦は30年~35年ほどしか耐久性がない為、 長い目で見たときにカバー工法をおすすめします。   デメリット   ・既存の屋根材の傷み具合によっては施工ができない ・雨漏れした際に原因を特定するのが難しくなる ・カバー工法をしている上からはカバー工法できない 既存の屋根材をプロにに見てもらい、 現状の屋根材からカバー工法できるのか 一度業者に把握してもらってから施工することをおすすめします。 屋根についてお困りの方は何でもお聞きください。 現在途中ですが、 屋根のカバー工法の施工中のお宅様の工程になります。   既設の屋根材(カラーベスト) ルーフィング張り   BIFFORE AFTER   この様に既存の屋根材の上から ルーフィング→新しい屋根材を重ね取り付けます。 最後になりますがドローンで屋根の診断もできますので 是非屋根の事で気になる方は是非弊社までご連絡頂けたらと思います。     塗装屋ひらまつ 伊藤 -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.08.07(Sat)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

常滑市 武豊町 外壁塗装 豆知識

塗装は本当に必要?メンテナンス時期について|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   外壁塗装をするタイミングというのは、非常に難しいと思います。 ハウスメーカーのお家であれば、10年や15年など定期的な点検があるため、 専門の担当にチェックをしてもらえると思います。   反対に住宅の中には、メンテナンスや点検等の対応がないお家もたくさんあります。 おおよそ10年~15年くらいで、塗り替えるイメージがあると思いますが、 建物の周辺環境や立地によっても劣化の状態も変化していきます。   そこで今回はどのタイミングで塗装工事を考えていかなければならないのかを、 年代ごとによくある事例をもとにご説明をしていきます。 (※使用されている外壁材によって、劣化状況に差があります。)   〇築10年未満の劣化事例 基本的には10年を目安に劣化が目に見えて出てくる年代のです。 今まで気にならなかった、外壁に異変が訪れる時期です。 劣化レベル ★☆☆☆☆ コケや汚れの発生 特に湿気の溜まりやすい北面や、お隣様と隣接する面に多く見られます。 コケや汚れについては、塗装前の高圧洗浄作業で取れます。 外壁の直接的な劣化ではないですが、美観が大幅に落ちてしまいます。   色あせ 特に太陽の日があたる南面に多く見られます。 色あせは外壁表面の防水効果が低下しているサインでもあります。 色あせが目立ってきたら、塗装の時期も近いです。   〇まとめ 築10年に近づくにつれ、美観的な面から劣化を感じるようになってきます。 劣化の度合いとしては、所々傷みが出始めてくる時期となるため、 この頃から、塗装をそろそろ意識してくる年数になります。   〇築10~15年の劣化事例 一般的には10~15年の間には塗り替えを行う時期とされています。 その理由としては、外壁に目に見えた劣化が目立つようになるからです。 この年数から、急激に劣化するスピードが加速していきます。 劣化レベル ★★☆☆☆ ヘアークラック(小さなひび割れ) 釘廻りや窓廻りから細い線のようなひび割れが出始めます。 大きなひび割れにつながる前兆とも言われているため、 見つけた際は、ひどくなる前に塗装を検討していきましょう。   塗膜の剥がれ 外壁表面の塗膜が小さく剥がれている状態です。 塗膜をなくした剥がれた部分からは、外壁が水を吸い込んでいきます。 外壁の更なる劣化を引き起こすため、発見したら要チェックです。   劣化レベル ★★★☆☆ チョーキング 外壁を触ると粉がつく状態です。 塗料の防水が切れているサインになるため、 塗装が必要な状態の目安とも言えます。   シーリングの亀裂・痩せ シーリング材が固くなり、亀裂や縮みが発生してきます。 シーリングが劣化をすると、壁との間に隙間ができ、 そこから雨水や湿気が入ることで外壁の劣化を加速させます。   〇まとめ 10年から15年の間で、外壁材は劣化により大きく変化が起こり始めます。 上記のような劣化症状までであれば、劣化をしていた跡はほとんど残ることなく 塗装後には綺麗な外壁を保つことができます。   補修跡の目立たない綺麗な外壁を保っていくには、 10年を過ぎた辺りから、塗装を検討していきましょう。     〇築15~20年の劣化事例 この年代の外壁からは、目に見えて劣化が分かるようになってきます。 塗装を行うにしても、補修が必要な箇所が増えてきます。 外壁を長く持たせていくのであれば、遅くともこの時期までには、 1度は塗り替えをして、メンテナンスを行う必要があります。 劣化レベル ★★★★☆ 外壁材のひび割れ 外壁材にひび割れが発生し、隙間が空いてしまいます。 隙間ができるほどのひび割れは、塗装だけでは治すことができないため、 溝を埋める下地補修は必要になります。   外壁材の剥がれ・欠け 外壁の一部が欠けて、剝がれ落ちてしまいます。 ひび割れと同様に、シーリング材や専用パテ等での、補修が必要になります。   劣化レベル ★★★★★ シーリングの破断 シーリング材が完全に割れて、中の下地が見えてしまいます。 割れた隙間から内部へ、水が入り込んでしまいます。 ここまでくるとシーリング材の役割を全く果たしていない状態です。   外壁材の剥離 外壁材が長期的に水を含むことで、表面から剥がれが起こります。 状態が悪いと上から塗装が出来ない場合もあります。 ここまでなる前にメンテナンスすることをおすすめします。   外壁材の欠落 外壁材が剥がれ落ちてしまっている状態です。 ここまでくると補修をしても、塗装後に補修跡が目立ってしまいます。 最悪の場合、塗装が出来ず張り替え対応になってしまうこともあります。   〇まとめ 15年~20年の年代のお家は、直ちに塗装をお考えいただくことをおすすめします。 劣化の状況によっては、塗装では手がつけられない状態になってしまう場合も、 出てくるので、非常に危険な状態と言えます。     〇築20年以降の劣化事例 この年数まで、塗り替えやメンテナンス等のお手入れがされていないと、 いよいよ塗装では対応が出来ない劣化も増えていきます。 塗装でなんともならない場合には、張り替えや上張りなど、 工事内容や補修費用の面でも、大掛かりな作業が必要になっていきます。 劣化レベル 💀💀💀💀💀 外壁材の反り・浮き   外壁材自体が変形し、反り返りや浮きを引き起こします。 軽度な場合には、ビスで抑え塗装ができますが、 変形が大きい場合には、張り替えが必要になります。   外壁材の腐食 外壁材が腐食し、剥がれ落ちてしまう状態です。 こうなってしまっては、上から塗装をすることが出来ません。 補修方法としては、張り替えまたは上張りになります。   〇まとめ 外壁を長く持たせるためには、ここまでの劣化がでてしまうと、 手遅れとなってしまうケースも多くあります。 塗装で対応できる範囲にも限界がありますので、 理想としては、遅くとも15年~20年までには1度は塗り替えをおすすめします。     〇最後に 外壁塗装は、お家を守っていくうえで非常に大切になってきます。 毎日見ているお家でも、気が付かない部分から劣化が進んでいるかもしれません。 10年を過ぎた辺りから、塗装のことも視野に入れて確認をしてみるのもいいと思います。   しっかりとした外壁のチェックはプロに依頼するのもよいと思います。 塗装屋ひらまつでは、住宅の無料診断も行っております。 外壁診断のエキスパートがお家を確認させていただきます。   気になる方や、築年数が10年を経過しているお家の方は、 是非一度この機会に外壁の状態を確認していただくのはいかがでしょうか。 もちろん、ご相談だけでも大歓迎です!           塗装屋ひらまつ 早川   -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください!   半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店!   愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!!   ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!!   外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店   塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F   〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809   【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081  

2021.08.02(Mon)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

常滑市 外壁塗装

最高級シーリング材 オートンイクシード|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   塗装をするうえでほとんどの場合一緒に必要なのがシーリング工事です。 シーリングとはゴム材のようなもので、外壁の目地やサッシまわりなどお家の様々なところに使われています。   シーリング材も塗料と同じようにグレードや種類があります。 外壁材や使用する箇所によって使い分けをしたり、使用する塗料のグレードに合わせてシーリング材のグレードを変えたりする必要があります。   今回は戸建ての塗装に使われるシーリング材の中でも最も耐候性が高いといわれる 「オートンイクシード」 について紹介します。   耐久性・耐候性の両方を高い標準で兼ね備えたシーリング シーリングを長持ちさせるには大きく2つの性能が必要になります。 一つ目は耐久性、もう一つは耐候性です。 耐候性…紫外線や雨によって劣化をしにくくする性能 耐久性…外壁材の動きに対して、伸び縮みに耐えられる性能   耐候性の低下によって出る傷みは硬化によるひび割れなど、 耐久性の低下による傷みは端からの破断(ちぎれ)などがあります。 似た言葉ですがこの2つが確保できるのが本当に長持ちするシーリング材です。 オートンイクシードはこの耐久性、耐候性の2つを30年相当の試験に耐えた結果が出ています。   工場品質を確保できる1成分形 1成分形とは工場で作られたものをそのまま使用します。 2成分形は現場にて主剤と硬化剤(固まるのを早めるもの)を混ぜ合わせて使用します。 1成分形のメリットは、現場にて材料を混ぜ合わせる必要がなく、工場から出荷された品質のものを使用することができます。 現場による品質のムラが出ないのが大きなメリットです。 ただし2成分形で使用する硬化剤を使用しない分、材料の乾燥に時間がかかります。 乾燥させないまま塗装をしてしまうと不具合が起こる可能性があるため、 特に気温の低い冬の時期は乾燥をしているのかしっかり確認が必要になります。   塗料対低汚染性 通常シーリング材には可塑剤という樹脂を柔らかくするのに必要な成分が含まれています。 この成分は油のようなもので、年数がたつとシーリング表面に浮き出てくるため、汚れの原因になります。 オートンイクシードは特殊な樹脂と使用し汚れの原因となる可塑剤をほとんど含みません。 そのため非常に汚れがつきにくい材料になります。   まとめ -メリットと注意点- ①超高耐候 オートンイクシードは現在出ているシーリング材の中では最高の耐久性を誇ります。 無機塗料など、高耐候の塗料で塗装する場合はぜひこのオートンイクシードを使用しましょう。   ②安定した品質 オートンイクシードは1成分形の材料なので、現場による材料の撹拌がなく安定した品質で提供することができます。 現場や職人による品質のムラをなくすことができます。 ※2成分形の場合でも、塗装屋ひらまつでは撹拌機という機械を使って撹拌するので、品質が落ちる心配はありません。手で混ぜ合わせるのは不具合が出る可能性があります   ③金額が高い 当然ですが超高品質な材料なので、材料の金額も高くなります。 ただ一度の工事代は高くなりますが、何度も足場を建てなくてよいので長い目で見ると安く工事をすることができます。   ④時期によっては乾燥期間をしっかり設ける必要がある 先程説明したように、オートンイクシードは1成分形の材料です。 ですので乾燥時間は気温によって大きく左右されます。 気温の高い夏は非常に乾燥が早いですが、冬の時期は乾燥に比較的時間がかかるため工期が長くなる場合があります。     近年は高耐候の塗装が主流になっていますが、それに伴いシーリングもグレードを合わせていく必要があります。 いくらいい塗料でお金をかけて施工をしても、先にシーリングが悪くなれば意味のない工事になってしまいます。 シーリング工事は塗装工事とセットで必要になります。 塗料の性能と同じようにシーリングの性能にも目を向けて工事をしましょう。     塗装屋ひらまつ 福手     外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非半田ショールームへ足を運んでみてください! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店愛知県半田市・東海市・武豊町・常滑市・知多市・大府市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町の外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております!お気軽にご相談ください! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店塗装屋ひらまつ  〇半田ショールーム 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 〇東海ショールーム 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.07.29(Thu)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

知多市 外壁塗装 豆知識

初めての外壁塗装 第二弾|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   塗装屋ひらまつの事務が気になる事 第二弾 日ごろからお客様からの問い合わせありがとうございます。 朝から30度近い気温🌞ベランダで洗濯物を干すのも大変ですね💦 そんな私が疑問に思うこと、感じたことを皆様にお伝えしていきます。     ベランダにデッキ材が敷き詰められています。    防水工事をする時はどうのように工事をするのですか? この床材は取り外して防水工事を行います。 防水工事完了後に元に戻します。   取り外し作業も職人さんが対応してくれるので、 お客様の方で、何か対応をしていただくことはございません。     この敷き詰められたベランダ床材について このベランダ床材については敷いた方が良いものなのか、 または敷かない方が良いものなのか疑問にお答えしていきます。   メリット ① ベランダ床に直接日光の妨げとなるため、ベランダ防水の劣化を軽減できます。 ② ベランダの床の見た目がよくなります。   デメリット ① 床材を敷く事でゴミが溜まりやすく定期的な掃除が必要になります。 ② ベランダ床材の材質がタイルプラスチックのため、劣化し交換が必要になります。   確かに敷き詰められた床材を上げてみたら、ごみが溜まっていました。 こまめに掃除をすることで、ベランダを綺麗に保つことができます。   劣化を防ぐためにも床材を敷くことで良い面もありますが、 間違ったものを床に敷いてしてしまうと逆効果になる場合もあります。   例えば、ごみが溜まりベランダ床が、水が抜けない状態になると、 防水材と床材の間に水が溜まり、下地である防水材が雨水や湿気を、 常に吸い込んで加水分解の状態になり防水材の劣化を早めます。   加水分解とは、水分や空気中の湿気によって発生する分解反応のことをいいます。 とくにウレタンゴムやポリウレタン(PU)は、耐摩耗性や耐水性に優れる反面、 加水分解を起こしやすい素材です。    防水も相性が大切なんですね! 専門店に相談することをおすすめします。     屋根に付いている金具これは何でしょうか?   これは雪止めです。 雪止めとは、屋根に積もった雪が、まとまって地面に滑り落ちることを防ぐために、 屋根に設置する、雪落下防止部材のことを言います。     なぜ雪がまとまって落ちることを、防がなければならないのでしょうか? 法律(民法第218条)で、 「土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない」 ということが定められています。   雪とは書いてありませんが、落雪についてもこの法律に抵触する可能性があります。     まとめ ベランダ床材に関しては、間違った施工する事で本来の防水効果を失うことなどが考えれますので 自宅に床材が敷いてあり、防水が心配な方は 是非塗装・防水の専門店である、塗装屋ひらまつにご相談ください。   屋根の金具も見てもよく分からない事、不安な事、不思議に思ってることは ご相談いただければお答えします。   初めての塗装をお考えの方、2度目3度目の塗装を検討中の方、 疑問に思うことがありましたら、些細なことでも結構です。 気になることがありましたらお問い合わせ下さい。     塗装屋ひらまつ 林     -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081  

2021.07.26(Mon)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

1のサムネイル

コンクリート・モルタル塗り替えは?|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。 コンクリート・モルタルの建物の特徴は? 建物は丈夫で寿命も長い建物ですが、ひび割れが発生しやすい建物です。 外壁からの漏水は建物を劣化させるだけではなく、美観を損ね快適な生活を妨げ 資産価値を低下される大きな要因となります。 塗り替えの必要性 *ひび割れは、水の入口となり劣化を促進します。 *建物の面積はヤネよりも、壁の方が大きいため漏水もカベのひび割れやコーキングの劣化などから多く発生します。 *侵入する水はコンクリートを劣化させ、コンクリートの中にある鉄筋を錆びさせて建物の寿命を短くなります。 *雨水は侵入はひび割れ幅が0.05~0.2㎜から始まります。 その為、防水塗り替えは極めて重要です! 今回の推薦する塗料は日本特殊塗料株式会社の「ハイプルーフ」です。 メーカー10年責任保証システムです。 この商品「ハイプルーフ」は責任施工となりますので認定された施工店でしか取り扱うしかできませんので塗装屋ひらまつは日本特殊塗料(株)より認定されて施工します。 建物を守り、耐久性を向上させる高弾性ハイプルーフは安心して頂ける塗料です。 1防水性 低温から高温(-20℃~+60℃)まで極めて広い範囲で塗膜性能です。 ひび割れから塗膜が切れなく漏水を防いでくれます。 2中性化防止 ひび割れが発生すると中性化が進み「ハイプルーフ」が持つ防水効果で防ぎます。 3塩害防止 ひび割れが発生している部分に塩化物が入り込むと鉄筋の腐食を「ハイプルーフ」が持つ防水効果で防ぎます。 施行方法:ローラー仕上げ 高圧洗浄:きれいに汚れを落とします。 下地調整:NTカチオンフィラーで、下地の不陸や目違いを巣穴など処理をします。 下塗り材1回塗り:ハイプルーフ下塗り材で、中塗り防水材との接着の向上をさせ剥がれや膨れを防 ぎます。 中塗り材3回塗り:Nベース(防水材)超高性能アクリルゴム主成分2.2㎏を3回塗りにより厚みを付けます。   重要 施工において一番大事なところです。2.2㎏分の材料の品質管理するとことです。   上塗り材2回塗り:上塗りはウレタン、シリコン、フッ素があります。 他にも遮熱シリコン塗料もあります。     合計6回塗りにより2.23㎏の塗布量を付け3㎜の厚みを付けます。 塗装屋ひらまつは、品質管理を大事にしてます。 ハイプルーフは使用材料の缶数を計算式で材料管理します。   例えば150㎡の家の場合   プライマー1回塗り 150㎡×0.13㎏/㎡÷15㎏=1.3缶  2缶 Nベース3回塗り  150㎡×2.2㎏/㎡÷20㎏=16.5缶  17缶 上塗り2回塗り   150㎡×0.3㎏/㎡÷16㎏=2.8缶   3缶   使用缶数を確認し品質管理を行いお客様に引き渡しをします。   ハイプルーフはメーカー責任施工で知多半島では塗替え専門店塗装屋ひらまつだけです。 施工業者、メーカーの10年保証でアフターフォローも安心です。 漏水から建物を守り、快適な生活をお送りします! ぜひ塗り替えは責任施工のハイプルーフを当社で!   塗装屋ひらまつ 小坂   外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.07.19(Mon)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

シーリング工事|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

  こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   外壁塗装工事をする際、皆さん割と塗料の耐久性に目が行きがちになりますが、 実は非常に重要な点として シーリングの工事が重要となります。 シーリング、またはコーキングという言い方をしますが、 外壁材のサイディングボードやALCに施工されている建物が多いです。 主に水の侵入を防ぐところにシーリングは打ってあります。 お家の塗り替え工事をする際、ここの下地処理をするかしなかでお家の長持ち度が変わると言っても過言ではありません。 弊社の考えとしましては外壁だけピカピカにするというよりも、お家を長持ちさせるいう発想から工事をご提案させて頂いております。 その為一般的にシーリングの施工も外壁を塗る塗装職人さんが施工する工務店さんもございますが 弊社では基本的にはシーリング工事はシーリングのプロ、塗装職人さんではなくシーリング職人さんを入れております。 今回は外壁材サイディングボードの場合のシーリング施工についてお話します。   シーリング施工はシーリングの各箇所によって工法を変える必要があります。   板間目地(縦目地) 撤去打ち替え工法 目地シーリング施工前です。 (前回塗装されている建物のためシーリングの上に前回の塗装の塗膜がのっています)   既設のシーリング材をカッターナイフで撤去していきます。 ※古いシーリング材が残らない様しっかりと撤去する必要があります。   新しいシーリングを打つ前にマスキングテープ養生をしていきます。   ※撤去の際にバックアップ材まで取れてしまう事がございます。 ですので取れた箇所にはボンドブレーカーテープを張っていきます。 →お詳しい話はこの後詳細を書きます。   密着をよくするためプライマーを塗布していきます。   シーリングを打設します。   へらで抑えていきます。     完成仕上がりとなります。   サッシ廻り・入隅等 増し打ち(三角打ち)工法 サッシ廻り施工前です。   マスキングテープ養生・プライマーを塗布していきます。   シーリングを打設していきます。   へらで抑えていきます。   仕上がり完成です。   劣化状態によって施工工法は変わりますが、各箇所工法を変えてあげる事でお家の長持ちにもつながります。   シーリング2面接着   先ほど縦目地、撤去打ち替え工法の工程の中にもありましたが、 シーリング施工においては原則決まりがあります。 2面接着が原則となります。 どういう事かと言いますと下の図を見て頂きたいのですが   シーリング材の接着面を外壁と外壁との2面だけ接着させる必要があります。 ハットジョイナー(サイディングボードの継ぎ目に入っている金物)にはシーリングは接着させていけません。 ハットジョイナーも接着させてしますと下の図のような3面接着となります。   3面接着になるとシーリング材は伸縮力に耐えきれなくなり切れてしまいます。 なので、ハットジョイナーの上にはボンドブレーカーというテープをはる必要があります。 カッターナイフでシーリングを撤去した際ボンドブレーカーが一緒に取れてしまった場合は新しいボンドブレーカーを張る必要があるというとこです!!   お困りの方は 塗装屋ひらまつに一度お声がけください。 宜しくお願い致します。             塗装屋ひらまつ 伊藤 -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.07.16(Fri)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

塗装屋ひらまつのホームページへお越し頂きありがとうございます

塗装屋ひらまつ/株式会社平松建工

代表取締役平松 幹尋

会社案内はこちら

塗装の豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社平松建工にご相談ください!

三方喜しの関係を目指して

我社は、経営理念を『三方喜し』と定めています。お客様の要望を、我々塗装屋ひらまつが提案・手配・工事管理をして、HRF会の職人さんがその技を尽くして実現し、お客様に喜んで頂く。それが我々の喜びです。という想いで創りました。

三方喜しとは、お客様の希望を叶えることで“喜んでいただく”こと、工事を担当した職人が持てる技術を十分に発揮し“喜んで”仕事ができること、そして私たち塗装屋ひらまつはお客様に喜んでいただけることで、弊社の存在意義を実感できる“喜び”、いつもこれら三つの喜びがあるということです。

これからも「三方喜し」の理念のもと、お客様満足度NO.1を目指してまいります。

この度、半田市・東海市にショールームを構えさせていただきました。
是非、お気軽にショールームにお越しください。

アクセスマップ

  • 半田ショールーム
    半田ショールーム

    〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5
    TEL:0569-84-8808 
    FAX:0569-84-8809
    営業時間 10:00~17:00(水曜定休)

  • 東海ショールーム
    東海ショールーム

    〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196
    TEL:0562-38-7080 
    FAX:0562-38-7081
    営業時間 10:00~17:00(水曜定休)

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0800-200-2875
営業時間 10:00~17:00(水曜定休)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 無料外壁診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください
  • 無料雨漏り診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください
塗装屋ひらまつのホームページをご覧の皆様へ
  • はじめての塗替えをお考えの方へ
  • 業者選び お悩みの方はこちら!!
  • 塗装屋ひらまつが選ばれる4つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 塗装屋ひらまつの無料建物診断・お見積り
施工プラン

ひらまつブログSTAFF BLOG

一覧はこちら
塗装屋ひらまつが選ばれる理由 東海市ページ
無料外壁診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください 無料雨漏り診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください

お見積・資料請求はこちらから

0800-200-2875営業時間10:00~17:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

塗装屋ひらまつ 外壁塗装・屋根塗装専門店
株式会社平松建工
本社

〒477-0031
愛知県東海市大田町畑間71-1 2F

半田ショールーム

〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5
TEL: 0569-84-8808
FAX: 0569-84-8809

東海ショールーム

〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196
TEL: 0562-38-7080
FAX: 0562-38-7081

塗装屋ひらまつの採用情報