半田市・東海市の外壁塗装・屋根塗装専門店|塗装屋ひらまつ

まずはお気軽にお問合せください!

0800-200-2875営業時間10:00~17:00(水曜定休)

  • ショールーム来店予約 クオカードプレゼント
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから
MENU

スタッフブログ - シーリングの知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > シーリングの知識

シーリングの知識の記事一覧

常滑市 外壁塗装

高耐久シーリング材 オートンイクシード|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。 本日はおススメしているオート化学工業株式会社のオートンイクシードについてお伝えしたいと思います!! シーリング工事は塗装工事とセットで必要になります。 まず「シーリング材」とは外壁材の隙間「目地」に充填する「防水材」です。建物の水密性や気密性を保持する重要な「役割」を担っています。 シーリング材も塗料と同じようにグレードや種類があります。外壁材や使用する箇所によって使い分けをしたり、使用する塗料のグレードに合わせてシーリング材のグレードを変えたりする必要があります。 戸建ての塗装に使われるシーリング材の中でも最も耐候性が高いといわれる「オートンイクシード」!! 耐久性・耐候性の両方を高い標準で兼ね備えたシーリング シーリングを長持ちさせるには大きく2つの性能が必要になります。 一つ目は耐久性、もう一つは耐候性です。 耐候性…紫外線や雨によって劣化をしにくくする性能 耐久性…外壁材の動きに対して、伸び縮みに耐えられる性能 耐候性の低下によって出る傷みは硬化によるひび割れなど、耐久性の低下による傷みは端からの破断(ちぎれ)などがあります。 似た言葉ですがこの2つが確保できるのが本当に長持ちするシーリング材です。 オートンイクシードはこの耐久性、耐候性の2つを30年相当の試験に耐えた結果が出ています。 まとめ -メリットと注意点- ①超高耐候 オートンイクシードは現在出ているシーリング材の中では最高の耐久性を誇ります。 無機塗料など、高耐候の塗料で塗装する場合はぜひこのオートンイクシードを使用しましょう。   ②安定した品質 オートンイクシードは1成分形の材料なので、現場による材料の撹拌がなく安定した品質で提供することができます。 現場や職人による品質のムラをなくすことができます。 ※2成分形の場合でも、塗装屋ひらまつでは撹拌機という機械を使って撹拌するので、品質が落ちる心配はありません。手で混ぜ合わせるのは不具合が出る可能性があります   ③金額が高い 当然ですが超高品質な材料なので、材料の金額も高くなります。 ただ一度の工事代は高くなりますが、何度も足場を建てなくてよいので長い目で見ると安く工事をすることができます。   近年は高耐候の塗装が主流になっていますが、それに伴いシーリングもグレードを合わせていく必要があります。塗料の性能と同じようにシーリングの性能にも目を向けて工事をしましょう。 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつの施工実績はこちらから!! 塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!! ご相談、お問い合わせはこちらから!!    

2022.11.20(Sun)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識

目地の割れは塗装のサイン!|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは!東海市・大府市・知多市・ 半田市・常滑市・武豊町・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   今回はシーリングについて。   シーリング(コーキング)とは? お家にはいたるところにシーリング(コーキング)が使われています。 シーリングとはゴム材のようなもので、構造上できる隙間を埋める役割があります。 お風呂やキッチンの隅を埋めているゴム材のようなものもシーリングの一種です。   特に外壁材がサイディングボードの場合は、 目地やサッシまわりなどお家の防水性を保つために重要な箇所に使用されます。   塗装工事においてこのシーリングの補修はほぼ必ずセットになります。 よほど状態が良い場合を除き、シーリングを直さず塗装だけをしても意味のない工事になります。   シーリングの劣化の推移 シーリング材はゴムのように伸びたり縮んだりします。 お家の隙間を埋める役割がありますが、お家は振動や地震などによって常に動くため、その動きに耐えられるように柔軟性のあるシーリングが使用されています。   シーリング材は年数が経つと少しずつ硬化していきます。 硬化のサインは色の変化で判断できます。   黒く濁っている状態 シーリング材が黒ずんでいるような場合は硬化が進んでいる状態です。   色が白化している状態 この状態になるとすでにひびが入っている、もしくはひびが入る一歩手前の状態であるといえます。   シーリングの割れによって起こる傷み まず外壁、シーリングの構造は下の写真のようになっています。 断面図   サイディングの隙間を埋めるシーリング材、その裏側にはハットジョイナー(シーリングが奥まで流れないように底の役割を持つ金具)があります。   その下には胴縁というハットジョイナーや外壁材を固定するための木下地があり、一番奥は防水シートが貼られています。 この防水シートまで傷みが回ると雨漏りをします。   シーリングの傷みは、雨漏れだけでなく外壁材の劣化を急速に早めることにもつながります。 外壁材の表面は塗装がかけられていますが、断面や裏側は無塗装で素地のままです。 目地やサッシシーリングの割れは外壁材の劣化を急速に早めている状態です。   断面 裏面   シーリング材が割れるとこの断面や裏側に水を回してしまうことになります。 せっかく表面に塗装がかかっていても、シーリングが割れて断面、裏面から水を吸う状態では全く塗装の意味がないということです。 断面などから水分を吸ったサイディングは反りや割れを引き起こします。   まとめ 塗装工事とシーリング工事はほぼ必ずセットになります。 表面の塗装、隙間を埋めるシーリング両方が機能してお家を守ることができます。 シーリングが割れていると外壁材や内部を傷めている状態です。 シーリング材の黒ずみや白化が見られる場合は塗装の検討をおすすめします。   塗装屋ひらまつ 福手   塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!! 外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから! ご相談、お問い合わせはこちらから!! --------------------------------------------- 半田ショールーム・東海ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約⇒https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/

2022.10.10(Mon)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識劣化状況・補修関連

大府市 外壁塗装 施工事例

シーリング工事について|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

東海市・大府市・知多市・東浦町・ 半田市・常滑市・武豊町・阿久比町・知多半島の外壁塗装専門店の塗装屋ひらまつです。 外壁塗装工事をする際、皆さん割と塗料の耐久性に目が行きがちになりますが、実は非常にシーリングの工事が重要となります。シーリング、またはコーキングという言い方をしますが、外壁材のサイディングボードやALCに施工されている建物が多いです。 主に水の侵入を防ぐところにシーリングは打ってあります。 今回は外壁材サイディングボードの場合のシーリング施工についてお話します。 ~目次~ ・板間目地(縦目地) 撤去打ち替え工法 ・サッシ廻り・入隅等 増し打ち(三角打ち)工法 ・シーリング2面接着 ・まとめ ・お問い合わせはこちらから! 板間目地(縦目地) 撤去打ち替え工法 ①目地シーリング施工前です。 (前回塗装されている建物のためシーリングの上に前回の塗装の塗膜がのっています) ②既設のシーリング材をカッターナイフで撤去していきます。 ※古いシーリング材が残らない様しっかりと撤去する必要があります。 ③新しいシーリングを打つ前にマスキングテープ養生をしていきます。 ④※撤去の際にバックアップ材まで取れてしまう事がございます。 ですので取れた箇所にはボンドブレーカーテープを張っていきます。 ⑤密着をよくするためプライマーを塗布していきます。 ⑥シーリングを打設します。 ⑦へらで抑えていきます。 ⑧完成仕上がりとなります。 サッシ廻り・入隅等 増し打ち(三角打ち)工法 ①サッシ廻り施工前です。 ②マスキングテープ養生・プライマーを塗布していきます。 ③シーリングを打設していきます。 ④へらで抑えていきます。 ⑤仕上がり完成です。 劣化状態によって施工工法は変わりますが、各箇所工法を変えてあげる事でお家の長持ちにもつながります。 シーリング2面接着 先ほど縦目地、撤去打ち替え工法の工程の中にもありましたが、 シーリング施工においては、2面接着が原則となります。 ハットジョイナー(サイディングボードの継ぎ目に入っている金物)にはシーリングは接着させていけません。 ハットジョイナーも接着させてしますと下の図のような3面接着となります。 3面接着になるとシーリング材は伸縮力に耐えきれなくなり切れてしまいます。 なので、ハットジョイナーの上にはボンドブレーカーテープを貼る必要があります。 カッターナイフでシーリングを撤去した際にボンドブレーカーが一緒に取れてしまった場合は、 新しいボンドブレーカーを張る必要があります。 まとめ お家の塗り替え工事をする際、この下地処理をするかしないかでお家の長持ち度が変わると言っても過言ではありません。 弊社の考えとしましては外壁だけピカピカにするというよりも、お家を長持ちさせるいう発想から工事をご提案させて頂いております。 そのため一般的にシーリングの施工も外壁を塗る塗装職人さんが施工する工務店さんもございますが、弊社では基本的にはシーリング工事はシーリングのプロ、シーリング職人さんを入れております。お気軽にご相談下さい!! 塗装屋ひらまつ (株)平松建工 〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081 お問い合わせはこちらから! 外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから!        

2022.08.22(Mon)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識

外壁塗装工事の重要点、下地処理シーリング工事について|外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

東海市・大府市・知多市・東浦町・ 半田市・常滑市・武豊町・阿久比町・知多半島の外壁塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   本日は外壁がサイディングボードの外壁塗装工事の際に補修、下地処理の シーリング工事に必要なボンドブレーカーについてご紹介致します。 外壁材がサイディングボードの場合、縦目地(ボードとボードの間、板間目地)は撤去打ち替え工法をしますが、   [caption id="attachment_24875" align="alignnone" width="375"] 外壁塗装工事 東海市[/caption] 【↑縦目地撤去】 [caption id="attachment_24873" align="alignnone" width="376"] 外壁塗装工事 大府市[/caption] シーリングを撤去した際にシーリングの下にあるボンドブレーカー(上記写真水色のテープ)が剥がれてくる事があります。 このボンドブレーカーが剥がれたままシーリングを打ってしまうと良くありません。 そもそもの縦目地裏の構造をご説明致します。 [caption id="attachment_24872" align="alignnone" width="387"] 外壁塗装工事 知多市[/caption] この上記の図のようにハットジョイナーという金具の上にボンドブレーカーが存在します。 このボンドブレーカーがあるためシーリング材の接着面は外壁と外壁との2面接着となります。   [caption id="attachment_24871" align="alignnone" width="300"] シーリング工事 知多市[/caption] しかし上記図のように、ボンドブレーカーが無い状態でシーリング材を打ってしまうと、三面接着となってしまいます。 シーリングの縦目地において三面接着はダメです。 三面接着になってしまうと、シーリングの伸縮ができなくなってしまい、シーリング材は上記図のように破断してしまいます。 シーリング撤去を行う際ボンドブレーカーも剝離してしまったらボンドブレーカーも挿入しなければなりません。 弊社のような塗装専門店であればシーリングの工事もシーリング専門の職人さんを現場にいれております。 外壁塗装工事の場合、塗料の材料、グレードに目が行きがちですが、こういった下地処理が重要となってきます。   シーリング工事、外壁塗装工事でお困りの事があれば是非、塗装屋ひらまつにご相談下さい。     塗装屋ひらまつ 伊藤   外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつの施工実績はこちらから!! 塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!! 外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから! ご相談、お問い合わせはこちらから!! --------------------------------------------- 半田ショールーム・東海ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約⇒https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/

2022.06.13(Mon)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識劣化状況・補修関連

外壁塗装工事において重要な物「ハットジョイナー・ボンドブレーカー」について詳しく解説!|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

東海市・大府市・知多市・東浦町・ 半田市・常滑市・武豊町・阿久比町・知多半島の外壁塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   「ハットジョイナー・ボンドブレーカーって何?」 普段生活している中では聞かない言葉ですよね。 外壁塗装工事を検討している方でもなかなか詳しく知っている方は少ないと思います。   あまり馴染みのない言葉ですが、このハットジョイナーとボンドブレーカーは外壁塗装工事をする上では重要なものになります! こちらの項目を抑えていないと、工事をしても期待耐久年数は絶対に持ちません。   今回はハットジョイナーとボンドブレーカーについて、詳しく解説していきます!   目次 1.ハットジョイナー・ボンドブレーカーとは 2.ハットジョイナー・ボンドブレーカーはなぜ必要なのか 3.まとめ   1.ハットジョイナー・ボンドブレーカーとは ハットジョイナー 外壁のサイディングボードの目地に入れる金具の事です。 通常はハットジョイナーの上からシーリングを打ってあるので、直接外からは見えないものになります。 断面が山高帽やシルクハットのような形をしているため、ハット(帽子)ジョイナー(目地ジョイント部分)と呼ばれています。     ボンドブレーカー シーリング工事の際に使う材料の事です。 ボンドブレーカーの上にはシーリング材が乗らないため、絶縁テープとも呼ばれています。       2.ハットジョイナー・ボンドブレーカーはなぜ必要なのか ハットジョイナー・ボンドブレーカーの役割 ハットジョイナーの役割はいくつかあります。 ひとつは目地幅を一定に保つ為の定規のような役割です。 サイディングボードに挟まれる形で設置するので、目地部分の耐火構造と防水効果を上げる働きもあります。 シーリングが劣化しても、ハットジョイナーが水の侵入を軽減してくれます。 その他にも、シーリングを打つための底面を作る役割、その際のシーリングの正しい深さなどを調節する役割があります。   ボンドブレーカーの役割としては、シーリング材が接着してはいけない所に貼ることによりシーリング材との接着を妨げる役割になります。 主にハットジョイナーの帽子に例えた頭の部分(凸部分)の上に貼られています。   なぜハットジョイナーにボンドブレーカーが貼られているのかというと、シーリングを3面接着の状態にしないためです。   シーリングの3面接着とは、言葉の通りシーリングが3つの面と接着している状態を指します。(下記の図参照)     本来シーリング材は、ゴムのような材質で出来ているため2つの方向から引っ張られてもある程度追従することが出来ます。 しかしシーリングが3面接着の状態になっていた場合、外壁材の伸縮や建物の揺れが発生した際に目地の底に接着したシーリングに引っ張られるので追従しきれず、破断・剥離が起きてしまう可能性が高くなります。(下記の図参照)     上記の図のような不具合が起きてしまうためシーリングは2面接着が基本になります。 イメージとしては下記の図になります。     ボンドブレーカを使用し2面接着の状態を作ることで、シーリングの追従性が上がりシーリングの力を最大限に発揮することが出来ます。   3.まとめ 今回はハットジョイナー・ボンドブレーカーについて解説していきました。 専門的な内容ですが外壁塗装にはかかせない項目になります。 外壁塗装検討の際には参考にしてみてください。   塗装屋ひらまつ 小島   外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつの施工実績はこちらから!! 塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!! 外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから! ご相談、お問い合わせはこちらから!! 塗装屋ひらまつ 小島 --------------------------------------------- 半田ショールーム・東海ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約⇒https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/

2022.04.14(Thu)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識劣化状況・補修関連

コーキング劣化による雨漏れ|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

東海市・大府市・知多市・ 半田市・常滑市・武豊町・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。 3月に入り少し暖かくなってきました。 学生の方は卒業式、終業式と節目の時期になる方も多いと思います。 4月からは社会人となり働く方は3月は緊張と不安でいっぱいかと思います。 4月が過ぎ5月のゴールデンウィークを過ぎたら嫌な季節になります。 雨が多くなる梅雨の時期になりますね。 雨漏れ、外壁の劣化、コーキングの劣化などの自宅の節目がきてる方は是非、暖かくなった3月にチェックしてみてください。 劣化状況 ① コーキング劣化により切れが発生している状態 コーキング材はゴム状の材料でできていますが、劣化が進行すると、硬化します(硬くなります)。劣化が進行して硬くなったコーキング材に、振動(車や電車が通過するときに生じる振動、地震による振動など)が加わることでひび割れが発生します。 注意 この状態はコーキングの切れ部分から水が入り込む可能性がある状態で、雨漏れの原因となる可能性は低いですが、コーキングの切れから入り込んだ水によりサイディングの小口に水を含むようになり、サイディングの腐食劣化になります。   劣化状況 ② コーキング劣化により青いテープが見えてる状態 コーキング材はゴム状の材料でできていますが、劣化が進行すると、硬化します(硬くなります)。劣化が進行してコーキングの切れからコーキングの破断となり、下地のボンドブレーカーが見えるようになったは、コーキングが欠損する前の状態です。 注意 この状態はコーキングの切れ部分から水が入り込む可能性がある状態で、雨漏れの原因となる可能性がありますが、入り込んだ水によりサイディングの小口に水を含むようになり、さらに多くの水を含むようになる為、サイディングの反り、割れが発生しサイディング自体の劣化が著しくなります。   劣化状況 ③ コーキング劣化にコーキングが欠損してる状態  コーキング材はゴム状の材料でできていますが、劣化が進行すると、硬化します(硬くなります)。劣化が進行してコーキングの破断が全体に広がりコーキングが欠損した状態です。 注意 この状態はコーキングの切れ部分から水が室内へ入り込む可能性がある状態で、雨漏れの原因となります、入り込んだ水によりサイディングの小口に水を含んで、サイディングの腐食劣化になりますし、サイディングの下地材の腐食などに原因となります。サイディングを張る前には防水紙が施工されていますのですぐに雨漏れの原因とはなりませんが、あくまで紙ですので水などが原因で防水紙の破れ、切れなどを発生させて雨漏れの原因となります。   写真 防水紙 まとめ コーキングの切れ状態から起こる現象が違います。コーキングの切れ程度であればサイディング劣化の原因となります、コーキングの割れなどになると、雨漏れやサイディングの欠損の原因となりはじめ、コーキングの欠損の場合は、雨漏れやサイディングの交換が必要になったりと大がかりメンテナンスが必要となる可能性があります。メンテナンスの期間の間があけばあくほど、雨漏れなどで2次被害が出ますので早めの対処が必要です。是非ご自宅に気になる箇所があり、雨が多くなる前にご相談ください。 塗装屋ひらまつ 鈴木   外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は、是非半田ショールームへ足を運んでみてください! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・東海市・武豊町・大府市・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町で、外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!!ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております!お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ 〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081 塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!! 外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから! ご相談、お問い合わせはこちらから!! --------------------------------------------- 半田ショールーム・東海ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約⇒https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/

2022.03.12(Sat)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識劣化状況・補修関連

常滑市 外壁塗装

失敗しない業者選び!見積書のチェックポイント|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは。 半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。 塗装工事は大きな金額の工事です。業者選びを失敗して、早い段階で劣化をしてしまったり、途中で補修が必要になったりすると大きな損をします。今回は見積書の見方、チェックするべきポイントを紹介します。 数量がきっちり記載してあるか 塗装工事において数量の明記は必須です。 一式での記載はあり得ません。 それぞれのお家に必要な塗料の量は外壁や屋根の塗り㎡数によって算出されます。 塗料によって1缶何㎡塗装ができるのか規定量が決められており、それぞれのお家の塗り㎡数によってどれだけ材料が必要なのか決まります。 【例】 1缶で50㎡塗ることができる塗料で、外壁が100㎡だった場合 100÷50=2 つまり外壁を塗装するのに2缶必要になります。 このような計算をしないと塗装にかかる正確な予算を算出できません。 一式表記の場合は、「大体これくらいだろう」と材料を発注して、材料が足りず薄めて塗られ、規定量が塗布されていないケースがあります。 「〇〇㎡以下〇〇円」「〇〇坪」などの記載も論外です。 見積もりの外壁・屋根は㎡数で表記されているか必ず確認しましょう。   塗料とシーリングのグレードがあっているか 塗料にグレードがあるのは知っている方も多いと思います。塗料と同じようにシーリング材にもグレードがあるのはご存じでしょうか? 【シーリング材とは】 外壁の目地やサッシまわりに埋め込まれている材料です。 高耐候の塗料で塗装をしても、シーリング材とのグレードがあっていないと先に目地が悪くなり、足場を建てて補修しないといけなくなります。 塗料が進化をするにつれて、このシーリング材も高耐候の製品が開発されているので塗料にあったグレードのシーリングを使用しているのか確認しましょう。 ただ当然塗料と同じで良いシーリング材を使用すると金額も高くなります。 お金を無駄にしないためには、ただただ良いシーリング材を使えばいいわけではなく、しっかりと塗料にあったシーリング材を使っているのかを見積もりで確認しましょう。   付帯部に使用する塗料は外壁や屋根とグレードがあっているか 雨樋や破風板、雨戸など、外壁屋根以外の塗装箇所もグレードを合わせる必要があります。 見積金額を安く見せるために、外壁や屋根はいい塗料で、その他付帯部は安い塗料にしている見積もりをたまに見かけます。 付帯部も外壁屋根と同じように劣化や錆のリスクがあります。 そのため外壁屋根と付帯部のグレードがあっているか確認しましょう。 屋根塗装にタスペーサー(縁切り)が入っているか 屋根(カラーベストは)重ねて載せられています。 重なっている隙間を塗料の厚みで埋めてしまうと内部に水が回る不具合が起こります。 その隙間をしっかりと確保するためにタスペーサーという部材をはめ込んでいく作業が必要になります。 【タスペーサーについて詳しくはこちら↓】 縁切り作業(屋根塗装編)|半田市・東海市の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ|スタッフブログ|半田市・東海市の外壁塗装専門店|塗装屋ひらまつ (tosou-hiramatsu.jp)   タスペーサー(縁切り)をしないと. ●内側からの湿気が逃げなくなる。 ●適切な隙間が空いていない場合、毛細管現象で水を吸い上げ内部に侵入する。 上記のようなことが起こり、下地材を腐食させるリスクがあります。 知識のない施工店ではこのタスペーサーが入っていない場合があるので必ず確認しましょう。 まとめ 他にも細かいポイントはありますが、上記の4点は特に重要なポイントです。 この項目をしっかり説明されているか、もしくは見積もりに記載されているかを確認しましょう。 見積もりを比較される際はぜひ参考にしてみてください。 塗装屋ひらまつ 福手 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつの施工実績はこちらから!! 塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!! 外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから! ご相談、お問い合わせはこちらから!! ------------------------------------------------------------- 半田ショールーム・東海ショールーム、2店舗OPEN!知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇒https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.10.16(Sat)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識屋根の知識施工内容・工事の流れ

ハットジョイナー・ボンドブレーカーについて|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   外壁塗装工事を行う際、外壁材によってはシーリングの工事も施工しなければなりません。特にサイディングボードの外壁材の場合はシーリング工事を行う事でお家を長持ちさせます。本日はシーリングの工事を行う際に重要な点を2点ご紹介致します。 ①ハットジョイナー   窯業系サイディングボードの外壁塗装、目地シーリングの打ち替えが必要となります。 ハットジョイナーとは、 目地底面にボンドフレーカーを貼ることで、シーリング材の二面接着が確保されるようになります。 また、ハットジョイナーは規則的な目地を形成するための定規の役割を果たしております。 凸部に押し付けて両サイドにサイディングボードを貼ることで、規則的な目地幅を形成できます。          ②ボンドブレーカー ボンドブレーカーとは上記の図にあるようにハットジョイナーの上に貼ってあるテープのものを指します。 外壁とハットジョイナーとの接着面が三面接着にならないようにするため、二面接着にするためこのボンドブレーカーというものが入っております。 弊社ではシーリング施工で既設のシーリングを撤去した際にボンドブレーカーが取れた箇所はボンドブレーカーを新設します。 新設しなければいくら耐久性の良いシーリング材を使っても、三面接着となり長持ちしません。 三面接着✖ 二面接着○     窯業系サイディングボードの塗り替え時は必ずシーリング工事が必要となります。   弊社ではシーリング専門職人が施工致します。シーリング技能士1級の職人も在籍しております。   大切なお家を守るため、安かろう悪かろうの工事にならないように 塗り替え工事のご相談は是非塗装屋ひらまつへ宜しくお願い致します。   半田市、常滑市、武豊町、東海市、知多市、大府市、 阿久比町、東浦町、美浜町、南知多町、知多半島の皆様へ   少しでも気になることがあればお気軽にお問い合わせください! 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつの施工実績はこちらから!!   塗装屋ひらまつ自慢の商品はこちらから!!   外壁塗装・屋根塗装専門ショールームの詳細はこちらから!   ご相談、お問い合わせはこちらから!! 塗装屋ひらまつ 伊藤 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN!知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.10.07(Thu)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識

常滑市 外壁塗装

最高級シーリング材 オートンイクシード|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   塗装をするうえでほとんどの場合一緒に必要なのがシーリング工事です。 シーリングとはゴム材のようなもので、外壁の目地やサッシまわりなどお家の様々なところに使われています。   シーリング材も塗料と同じようにグレードや種類があります。 外壁材や使用する箇所によって使い分けをしたり、使用する塗料のグレードに合わせてシーリング材のグレードを変えたりする必要があります。   今回は戸建ての塗装に使われるシーリング材の中でも最も耐候性が高いといわれる 「オートンイクシード」 について紹介します。   耐久性・耐候性の両方を高い標準で兼ね備えたシーリング シーリングを長持ちさせるには大きく2つの性能が必要になります。 一つ目は耐久性、もう一つは耐候性です。 耐候性…紫外線や雨によって劣化をしにくくする性能 耐久性…外壁材の動きに対して、伸び縮みに耐えられる性能   耐候性の低下によって出る傷みは硬化によるひび割れなど、 耐久性の低下による傷みは端からの破断(ちぎれ)などがあります。 似た言葉ですがこの2つが確保できるのが本当に長持ちするシーリング材です。 オートンイクシードはこの耐久性、耐候性の2つを30年相当の試験に耐えた結果が出ています。   工場品質を確保できる1成分形 1成分形とは工場で作られたものをそのまま使用します。 2成分形は現場にて主剤と硬化剤(固まるのを早めるもの)を混ぜ合わせて使用します。 1成分形のメリットは、現場にて材料を混ぜ合わせる必要がなく、工場から出荷された品質のものを使用することができます。 現場による品質のムラが出ないのが大きなメリットです。 ただし2成分形で使用する硬化剤を使用しない分、材料の乾燥に時間がかかります。 乾燥させないまま塗装をしてしまうと不具合が起こる可能性があるため、 特に気温の低い冬の時期は乾燥をしているのかしっかり確認が必要になります。   塗料対低汚染性 通常シーリング材には可塑剤という樹脂を柔らかくするのに必要な成分が含まれています。 この成分は油のようなもので、年数がたつとシーリング表面に浮き出てくるため、汚れの原因になります。 オートンイクシードは特殊な樹脂と使用し汚れの原因となる可塑剤をほとんど含みません。 そのため非常に汚れがつきにくい材料になります。   まとめ -メリットと注意点- ①超高耐候 オートンイクシードは現在出ているシーリング材の中では最高の耐久性を誇ります。 無機塗料など、高耐候の塗料で塗装する場合はぜひこのオートンイクシードを使用しましょう。   ②安定した品質 オートンイクシードは1成分形の材料なので、現場による材料の撹拌がなく安定した品質で提供することができます。 現場や職人による品質のムラをなくすことができます。 ※2成分形の場合でも、塗装屋ひらまつでは撹拌機という機械を使って撹拌するので、品質が落ちる心配はありません。手で混ぜ合わせるのは不具合が出る可能性があります   ③金額が高い 当然ですが超高品質な材料なので、材料の金額も高くなります。 ただ一度の工事代は高くなりますが、何度も足場を建てなくてよいので長い目で見ると安く工事をすることができます。   ④時期によっては乾燥期間をしっかり設ける必要がある 先程説明したように、オートンイクシードは1成分形の材料です。 ですので乾燥時間は気温によって大きく左右されます。 気温の高い夏は非常に乾燥が早いですが、冬の時期は乾燥に比較的時間がかかるため工期が長くなる場合があります。     近年は高耐候の塗装が主流になっていますが、それに伴いシーリングもグレードを合わせていく必要があります。 いくらいい塗料でお金をかけて施工をしても、先にシーリングが悪くなれば意味のない工事になってしまいます。 シーリング工事は塗装工事とセットで必要になります。 塗料の性能と同じようにシーリングの性能にも目を向けて工事をしましょう。     塗装屋ひらまつ 福手     外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非半田ショールームへ足を運んでみてください! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店愛知県半田市・東海市・武豊町・常滑市・知多市・大府市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町の外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております!お気軽にご相談ください! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店塗装屋ひらまつ  〇半田ショールーム 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 〇東海ショールーム 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.07.29(Thu)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識

シーリング工事|半田市・東海市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

  こんにちは、半田市・東海市・知多半島の 外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   外壁塗装工事をする際、皆さん割と塗料の耐久性に目が行きがちになりますが、 実は非常に重要な点として シーリングの工事が重要となります。 シーリング、またはコーキングという言い方をしますが、 外壁材のサイディングボードやALCに施工されている建物が多いです。 主に水の侵入を防ぐところにシーリングは打ってあります。 お家の塗り替え工事をする際、ここの下地処理をするかしなかでお家の長持ち度が変わると言っても過言ではありません。 弊社の考えとしましては外壁だけピカピカにするというよりも、お家を長持ちさせるいう発想から工事をご提案させて頂いております。 その為一般的にシーリングの施工も外壁を塗る塗装職人さんが施工する工務店さんもございますが 弊社では基本的にはシーリング工事はシーリングのプロ、塗装職人さんではなくシーリング職人さんを入れております。 今回は外壁材サイディングボードの場合のシーリング施工についてお話します。   シーリング施工はシーリングの各箇所によって工法を変える必要があります。   板間目地(縦目地) 撤去打ち替え工法 目地シーリング施工前です。 (前回塗装されている建物のためシーリングの上に前回の塗装の塗膜がのっています)   既設のシーリング材をカッターナイフで撤去していきます。 ※古いシーリング材が残らない様しっかりと撤去する必要があります。   新しいシーリングを打つ前にマスキングテープ養生をしていきます。   ※撤去の際にバックアップ材まで取れてしまう事がございます。 ですので取れた箇所にはボンドブレーカーテープを張っていきます。 →お詳しい話はこの後詳細を書きます。   密着をよくするためプライマーを塗布していきます。   シーリングを打設します。   へらで抑えていきます。     完成仕上がりとなります。   サッシ廻り・入隅等 増し打ち(三角打ち)工法 サッシ廻り施工前です。   マスキングテープ養生・プライマーを塗布していきます。   シーリングを打設していきます。   へらで抑えていきます。   仕上がり完成です。   劣化状態によって施工工法は変わりますが、各箇所工法を変えてあげる事でお家の長持ちにもつながります。   シーリング2面接着   先ほど縦目地、撤去打ち替え工法の工程の中にもありましたが、 シーリング施工においては原則決まりがあります。 2面接着が原則となります。 どういう事かと言いますと下の図を見て頂きたいのですが   シーリング材の接着面を外壁と外壁との2面だけ接着させる必要があります。 ハットジョイナー(サイディングボードの継ぎ目に入っている金物)にはシーリングは接着させていけません。 ハットジョイナーも接着させてしますと下の図のような3面接着となります。   3面接着になるとシーリング材は伸縮力に耐えきれなくなり切れてしまいます。 なので、ハットジョイナーの上にはボンドブレーカーというテープをはる必要があります。 カッターナイフでシーリングを撤去した際ボンドブレーカーが一緒に取れてしまった場合は新しいボンドブレーカーを張る必要があるというとこです!!   お困りの方は 塗装屋ひらまつに一度お声がけください。 宜しくお願い致します。             塗装屋ひらまつ 伊藤 -------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は 是非、塗装専門ショールームへ足を運んでみてください! 半田店ショールーム・東海店ショールーム、2店舗OPEN! 知多半島地域密着・創業50年塗り替え専門店! 愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町 東海市・知多市・大府市の知多半島にお住まいの方で、 外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!! ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております! お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩⇩ 来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市・東海市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店 塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F 〇塗装専門ショールーム 【半田店ショールーム】 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875 TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 【東海市ショールーム】 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196 フリーダイヤル:0800-200-2800 TEL:0562-38-7080 FAX:0562-38-7081

2021.07.16(Fri)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識

シーリング工事の少し詳しい話|半田市の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

歳末セール!!最大10万円OFF!! 現在塗装屋ひらまつでは、2021年最後の大大大キャンペーンを実施中でございます!!! 期間限定で最大10万円値引き!!! 外壁塗装や屋根塗装を真剣にお考えのお客様に対してお力になれるように特典をご準備いたしました。 なんと12月26日までにお問い合わせいただきますと、上記の特典をご利用いただけます! 地域の皆様の大切なお住まいのお手入れをサポートさせていただきます!!! 外壁塗装や屋根塗装をご検討されている方はお気軽にご相談ください!!! お見積りはもちろん無料でさせて頂いております! 詳しい内容はぜひ、下記のボタンをタップまたはクリックしてご確認していただけると大変嬉しく思います!! すぐにお申込みされたい方~東海市・半田市・知多市・知多半島の方~ お電話でのお申込み ⇒ 0800-200-2875ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム※お気軽にご相談ください!~東海市・半田市・知多市・知多半島の方~     こんにちは、半田市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   今回はシーリングについて少し詳しく書いていきます。   シーリング(コーキング)とは? サイディングボードの家には目地などを埋めているのがシーリングです。 シーリングはゴム材のような柔らかいもので、目地に限らずお家の様々な隙間を埋めるために使われています。     サッシと外壁の取り合いなどにも使われます。   今回はこのシーリングの二面接着、三面接着について。 少し専門的な話なので、なかなか普段お客様に説明することは少ないですが、興味のある方はぜひ!     二面接着・三面接着 まず外壁の目地の構造はこのようになっています。   外壁目地シーリングの裏側(家の内側)にはハットジョイナーという部材が付いています。     このシルバーの金具がハットジョイナー、 そして真ん中の青いシールがボンドブレーカーです。 目地が割れて後ろに見える青いものの正体はこれです! 実はこのボンドブレーカーはものすごく重要な役割を果たしています。   ボンドブレーカーはシーリング材とハットジョイナーを絶縁させる役割があります。 赤線が接着面 絶縁させることによってシーリング材はハットジョイナーとくっつかなくなります。 外壁材と接しているところのみ接着するので二面接着になります。     このボンドブレーカーがないとどうなるでしょうか。 赤線が接着面 外壁材との接面二カ所と、ハットジョイナーとも密着するのでこちらは三面接着です。     二面接着と三面接着どちらがいいのか? 結論から言うと二面接着が正解です。(サイディングボードの外壁目地の場合) 家は地震や風、車の振動などによっても揺れや歪みが起こります。 シーリング材はその揺れに伸びたり縮んだりして対応しなければいけません。   二面接着の場合、接着面が両端のみなので動きに対して比較的自由に対応できます。 三面接着の場合は、両端ともう一面接着しているので動きがあったときに対応しきれず、切れてしまう可能性が高くなります。   人で例えると、右手と左手を引っ張られるとある程度どちらにも対応できますが、 背中を固定された状態だと動きの幅が小さくなると思います。   このような理由でサイディングボードの目地シーリングは二面接着で行います。 シーリングを撤去した際、青いシール(ボンドブレーカー)が剥がれている場合もあるので、 その際はボンドブレーカーの貼り直しが必要です。 少しの手間ですがこれをやるのとやらないのでは耐久性に差が出ます。   塗装屋ひらまつでは国家資格である一級防水施工技能士のシーリング専門の職人が、 このような箇所も細かく確認をしながら施工をします。 シーリングでお悩みの方はでぜひお問い合わせください。     塗装屋ひらまつ 福手     外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非半田ショールームへ足を運んでみてください! 知多半島地域密着・創業49年塗り替え専門店愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町で、外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております!お気軽にご相談ください! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店塗装屋ひらまつ  〇塗装専門ショールーム 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809 〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F

2020.09.15(Tue)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識劣化状況・補修関連

【半田市】ハウスメーカーのお家・塗装の注意点(前編)|半田市の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋ひらまつ

こんにちは、半田市・知多半島の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗装屋ひらまつです。   今回はハウスメーカーのお家の塗装の注意点についてアップしていきます。   ハウスメーカーのお家と言ってもメーカーさんは大手から、 地元のハウスメーカーまでさまざまあると思います。 今回は一般的に大手ハウスメーカーと言われている お家の塗り替えについて注意点や気にして頂きたいポイントを 塗装屋ひらまつの経験を踏まえてお伝えしていきます。 少しでも住まれている方の参考になればと思います。   ハウスメーカーで塗り替えをしていくうえでの、 ハウスメーカーの特徴を良い部分と悪い部分にわけてお伝えをしていきます。   ★ハウスメーカーのメリット ①お家の特徴を知っている ⇒ハウスメーカーでは、建てられた年代ごとで  造り、外壁材、材料も同じ物を使用して建てたお家が多く存在するため、  同じような不具合に対する事象データを多く持っています。  そのため、不具合に対しての対応は問題ないと思います。   ②保証の延長が受けられる ⇒メーカーで塗り替えをすることで、  保証の延長を受けられるメーカーもあります。  大手メーカーさんであれば定期点検などの対応もあるので、  安心感としては良い点だと思います。   ③破損した部品交換の際に在庫の取り扱いがある  (直接塗装と関係はないかもしれませんが...) ⇒壊れてしまった部品や材料がメーカーに残っている場合があります。  例えば、雨樋、外壁タイル、ベランダタイルなど  他にもそのメーカーしか取り扱いがないものもあります。  塗装とあわせて部品交換となると  メーカー以外じゃ今と同じものを用意出来ない可能性があります。   ★ハウスメーカーのデメリット ①塗装費用が高額 ⇒見積もり金額が高額な場合がほとんどです。  大手ハウスメーカーにもなると、CMや広告といった  宣伝広告費にも費用をかけているのでその分の費用が上乗せされています。  また塗装の作業は下請けの工事会社へ依頼をするので、  中間マージンが発生していまいます。  その他にも保証延長の費用も乗っているケースもあります。   ②あくまでも塗装専門ではない(建てる専門) ⇒住宅を建てる分野では1流ですが、塗装分野の専門ではありません。  腕が悪いというわけではありませんが、塗装の仕上がりは  下請けの職人さんの腕、次第になってしまっているケースがほとんどです。  他にも新築工事と改修工事とでは経年劣化もあるため施工方法が全く異なります。  そのため、下地の処理や補修方法が適正にされていない場合もあります。  (必要な下地処理や補修を知らないのがほとんどです。)   ③塗料(材料)の取り扱いが限られている ⇒各ペンキメーカーの塗料の取り扱いがあるわけではないです。  むしろ自社製品の塗料と題して、一般の塗料のラベルだけを変えて  使用している場合もあり、自社塗料でしか提案されないケースもあります。  一般塗料を自社塗料と名前を変えるだけで、物は同じなのに、  ペンキの単価を上乗せされてしまう場合も少なくありません。     次に、ハウスメーカーのお家はどこで塗り替えを頼めばいいのかです。 ハウスメーカーで塗装をすることが悪いことだとは思いません。 ただハウスメーカー以外も一度参考に見てみてはいかがでしょうか。   しっかりと実績のある塗装屋であれば、ハウスメーカーのお家の 塗り替え経験もあり、適切な施工方法を知っています。 知識のある塗装屋ならメーカーのお家の塗装も問題ありません。     そこでハウスメーカーのお家が塗り替え時に 注意すべきポイントをまとめていきます。   メーカーのお家と一般のお家で造りが異なる部分がいくつかあります。 そこさえ抑えておけばハウスメーカーでなくても施工の問題はありません!   ①目地の造りが異なる 目地とは壁と壁のつなぎ目にあたる部分のこと指します。 基本的に一般の住宅ではシーリング材が施工してありますが、 メーカーのお家には乾式目地が使用されているケースが多いです。         ⇑シーリング材              ⇑乾式目地   乾式目地の造りのお家の塗装の注意点は、 別のブログでアップしているので下記からチェックしてみてください! 〇乾式目地塗装時の注意点⇓ 【2020.1.7更新 ハウスメーカーの施工注意点】   乾式目地のお家でも目地の補修を行ってから塗装を場合もあります。 その時の方法が下記のような施工方法になります。        ⇑乾式目地(施工前)           ⇑乾式目地撤去        ⇑乾式目地撤去後   乾式目地を外すと下には、シーリングで納めてある造りのお家です。 ここからは古いシーリング材を撤去して新しくシーリングを打ち替えていきます。          ⇑シーリング撤去               ⇑養生          ⇑プライマー塗布            ⇑シーリング材充填           ⇑仕上げ                  ⇑完成   このように乾式目地を撤去して、シーリングをやり直す方法もあります。 (※乾式目地の中には下地にシーリングがない造りのお家もあります。) 下地の処理もしっかりと行えばハウスメーカーでなくても施工は可能です。 ただここまでの知識がなければ塗装をかけて完了という塗装屋さんも中にはいます。 施工前にどういう方法で下地処理を行うかを必ずチェックしておきましょう!   話が長くなってしまいましたが、 今回のところはハウスメーカーの特徴と施工時の注意点を 途中までお伝えしました。   後編も近日中にはアップします! 気になる方は是非次回ブログもチェックしてみてください!                         塗装屋ひらまつ 早川   ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非半田ショールームへ足を運んでみてください!   知多半島地域密着・創業49年塗り替え専門店!愛知県半田市・武豊町・常滑市・東浦町・阿久比町・美浜町・南知多町で、外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事は塗装屋ひらまつにお任せください!!ご相談・お家の診断(現地調査)・お見積り依頼は全て無料で対応しております!お気軽にご相談ください!!! 外壁塗装専門ショールームへの来店予約はコチラ⇩来店予約:https://tosou-hiramatsu.jp/showroom/ 半田市の外壁塗装屋根塗装&防水専門店塗装屋ひらまつ  〇本社 〒477-0031 愛知県東海市大田町畑間71-1 2F   〇塗装専門ショールーム 〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5 フリーダイヤル:0800-200-2875TEL:0569-84-8808 FAX:0569-84-8809

2020.03.19(Thu)

詳しくはこちら

塗装の知識シーリングの知識ハウスメーカー関連

塗装屋ひらまつのホームページへお越し頂きありがとうございます

塗装屋ひらまつ/株式会社平松建工

代表取締役平松 幹尋

会社案内はこちら

シーリングの知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社平松建工にご相談ください!

三方喜しの関係を目指して

我社は、経営理念を『三方喜し』と定めています。お客様の要望を、我々塗装屋ひらまつが提案・手配・工事管理をして、HRF会の職人さんがその技を尽くして実現し、お客様に喜んで頂く。それが我々の喜びです。という想いで創りました。

三方喜しとは、お客様の希望を叶えることで“喜んでいただく”こと、工事を担当した職人が持てる技術を十分に発揮し“喜んで”仕事ができること、そして私たち塗装屋ひらまつはお客様に喜んでいただけることで、弊社の存在意義を実感できる“喜び”、いつもこれら三つの喜びがあるということです。

これからも「三方喜し」の理念のもと、お客様満足度NO.1を目指してまいります。

この度、半田市・東海市にショールームを構えさせていただきました。
是非、お気軽にショールームにお越しください。

アクセスマップ

  • 半田ショールーム
    半田ショールーム

    〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5
    TEL:0569-84-8808 
    FAX:0569-84-8809
    営業時間 10:00~17:00(水曜定休)

  • 東海ショールーム
    東海ショールーム

    〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196
    TEL:0562-38-7080 
    FAX:0562-38-7081
    営業時間 10:00~17:00(水曜定休)

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0800-200-2875
営業時間 10:00~17:00(水曜定休)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 無料外壁診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください
  • 無料雨漏り診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください
塗装屋ひらまつのホームページをご覧の皆様へ
  • はじめての塗替えをお考えの方へ
  • 業者選び お悩みの方はこちら!!
  • 塗装屋ひらまつが選ばれる4つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 塗装屋ひらまつの無料建物診断・お見積り
施工プラン

ひらまつブログSTAFF BLOG

一覧はこちら
塗装屋ひらまつが選ばれる理由 東海市ページ
無料外壁診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください 無料雨漏り診断にご興味のある方はこちらをクリックしてください

お見積・資料請求はこちらから

0800-200-2875営業時間10:00~17:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

塗装屋ひらまつ 外壁塗装・屋根塗装専門店
株式会社平松建工
本社

〒477-0031
愛知県東海市大田町畑間71-1 2F

半田ショールーム

〒475-0925 愛知県半田市宮本町5丁目302-5
TEL: 0569-84-8808
FAX: 0569-84-8809

東海ショールーム

〒477-0032 愛知県東海市加木屋町2-196
TEL: 0562-38-7080
FAX: 0562-38-7081

協力会社様募集
塗装屋ひらまつの採用情報